【媚薬体験談】大好きだった姉を失った悲しみと・・・

僕には26歳になる姉がいます。
姉の名前は奈津美(仮名)。
かなりの美人で、関西で人気の女子アナ、八木◯希に似ています。

ある日、僕の通う高校にかなりガラの悪い男が2人転校してきました。
彼らは地元でも有名な不良で、やくざと付き合いがあると噂まである人間でした。
もちろん、うちの学校にもそれなりに不良はいましたが、彼ら2人と比べると可愛いもんです。
うちの学校が彼らに牛耳られるのにそれほど時間はかかりませんでした。

彼ら2人がやってきて一ヶ月が経った、秋頃。
いきなり2人のうちの1人、高橋が話しかけてきました。

「お前と友達になってやる」

僕は意味がわかりませんでした。

ごく普通の生徒である僕は、何も言えず不良グループに入れられるハメになりました。
毎日、パシリをさせられるのかと思いましたが、そんな事もなく、屋上で煙草を初めて吸ったり、授業を抜け出して遊びに行ったりと、彼らとの不良生活を楽しんでいたのです。

そんな僕を姉は心配そうにしていました。

「あんた、不良グループと付き合ってるらしいね・・・」

「え?・・・なんで、そのことを・・・」

「近所で噂になってんのよ!」

「そ・・・そう」

「受験生の身分で何やってんの!しっかりしてよね!」

僕は姉に心配をかけたくはありませんでしたが、今更グループを抜けるなんて恐ろしいことは出来ませんでした。
そんな日々が続いていたある日、高橋がもう一人の不良、木下を連れて僕の家までやってきたのです。

「よう!酒持ってきたぜ!」

その日、ちょうど親が父方の実家の九州で祖父が倒れたとのことで、両親共に帰省していました。

つまり家には姉と僕の二人。
僕は少し不安でしたが、高橋と木下を追い返すなんて出来ません。
作り笑いをしながらも、彼らを家に招き入れてしまいました。
姉はいきなりの不良達の訪問に驚いていましたが、弟である僕にだけ文句を言うと、自分の部屋に閉じこもってしまったようでした。

その時、木下が姉を見てこう言います。

「ふん・・・生意気な女・・・まぁその方が楽しいけどな・・・」

高橋と木下は、僕と同じ高校生のくせに物凄い量の酒を飲みました。
二人とも体がガッシリとしていて、私服になっている状態だと、まるで高校生には見えません。
彼らは持ち込んできたビールを飲み干してしまうと、日本酒が飲みたいと言い出しました。

「おい・・・お前日本酒買ってきてくれないか?」

高橋は僕にそう言いました。

しかし、時間は夜8時を過ぎていました。
その時間にはコンビニくらいしか開いていない田舎です。
僕はコンビニに行ってこようかと聞きましたが、一升瓶じゃなきゃ駄目だと言われたのです。

「原付で行けばいいだろ」

「でも・・・僕も少し飲んじゃったから・・・」

「うるせえ!ガタガタ言わずにさっさと買ってこい!」

僕は渋々、隣町の10時まで開いている、業務用スーパーまで行くことにしました。

片道30分・・・。
買い物をして帰ってくるのにどれだけ急いでも1時間は超えてしまいます。

「それでもいいぜ、お前が帰ってくるのを待ってるからよ」

「悪いな、ほら金はこいつを使え、釣りは駄賃だ」

木下から1万円を受け取ると、30分かけてスーパーに着きました。
一升瓶以外にもいくつかアルコール類を購入すると、原付に乗り込み家へ帰ろうとしました。
エンジンをかけ大通りに出ると、スピードを上げました。

しかし、それが運の尽きだったのです。

背後でいきなり、けたたましいサイレンが鳴りました。

「停まりなさい!左側に停車しなさい!」

(しまった!)

・・・そう思いました。

逃げようかとも思いましたが、ナンバープレートを隠しているわけでもなかったので、仕方なく停車しました。
一応、原付の免許証を見せましたが、高校生が何故そんなに大量のアルコールを購入しているのかを聞かれ、お使いだと伝えるとパトカーの中に連れていかれました。

「これに息を吹き込んで下さい」

アルコールを検知するビニール袋を渡されました。

(もうどうにでもなれ!)

僕は思いきり息を吐き、パンパンになった袋を警官に渡しました。
何やら作業をしている間は、生きた心地がしませんでしたが、警官が発する次の言葉に胸を撫で下ろしました。

「酒は飲んでないみたいだな・・・」

僕は結局スピード違反の切符だけを切られました。
そうしている間に、家を出てからの時間経過は優に1時間は経っていました。

(とにかく帰ろう・・・)

そう思って原付に跨がり、今度はスピードを制限しながら帰りました。

家に着いたのは10時前。
中に入ろうとしましたが、玄関に鍵がかけられていました。

「あれ?おかしいな・・・」

僕は何度かインターホンのチャイムを鳴らしましたが、一向に反応がありません。
僕は高橋の携帯に電話をしました。
すると高橋はすぐに電話に出たのです。

「もしもし・・・」

「おう、お前か」

「酒買ってきたからさ、鍵開けてくれよ」

その時、電話の向こうで何やらドタバタと音がしていました。

「ちょっと待ってな・・・今開けてやるよ」

自宅に入るのに、高橋に許可を得ている自分に少し嫌気がさしました。

「なんだよ、鍵なんか閉めて・・・」

玄関が開くと高橋が立っていました。
そして、扉を閉めようと高橋に背を向けた瞬間、僕の口にガーゼのようなものが押し当てられ、急に目の前が暗くなったのです。

次に目が覚めた時、僕は畳の上に寝ていました。

「う・・・」

自体が全く把握出来ずにいた僕は、起き上がろうとしました。

その時、自分の体が縛られているのに気付きました。
僕の腕は後ろで手首を重ねられ、ガムテープでぐるぐる巻きにされていました。
脚も同じくテープで拘束され、口にはタオルが押し込められてその上からテープで固定されていました。
僕は芋虫のような体をくねらせ、もごもごと呻くことしか出来ない状態にさせられたのです。

「よう!お目覚めか!」

木下の声でした。

僕は木下を睨みつけ、彼らの非道な行為を非難する目を向けました。

「おいおい、恐い顔すんなよ~」

「そうだよ、これから楽しいショーの始まりなんだからよ」

高橋が木下の隣に座り込み笑っています。

「お前の姉貴、美人だよな~」

「へへへ・・・俺達、奈津美ちゃんのファンになっちゃった・・・」

「今、お前の後ろで姉貴は大変なことになってるぜ・・・」

自分の心臓が突然バクバクと鼓動を起てるのが分かりました。
彼らは最初から、僕の姉目当てで近づいてきたのだと悟りました。

「今更わかったのかよ~!俺らがお前とダチになった訳が・・・ひゃははは!」

「木下、笑い過ぎだって!ひひひ!」

「奈津美ちゃん、スゲーいい身体してんじゃん!」

「なんならお前も見てみるか?」

高橋の言葉に反応するように、僕の背中越しに声が聞こえてきました。

「やめて!」

それは紛れも無く、姉の声でした。

僕はなんて恐ろしい奴らを家に入れてしまったのかと、後悔していました。
高橋は僕の体を足の裏で押し、ゴロンと転がしました。
そこには、いつも僕が寝ているベッドの上に、下着姿で大の字に縛られた姉の姿があったのです。

「いや!弟には見せないで!」

「カワイイねぇ・・・奈津美ちゃん?」

「せっかくの綺麗な身体、俺達に見せといて弟には駄目ってのは可哀想でしょ・・・」

こいつらは最低の奴らだ!

そう思った所で、もうどうにもなりません。
僕はタオルの下からこもった叫び声をあげていました。

「心配すんな・・・まだ何もしてねえよ」

「ま、これからヤラシイこと、いっぱいしてあげちゃうけどな!」

「姉貴がイキまくる姿、見せてやるよ!」

木下が鞄の中に手を突っ込み、何かを取り出しました。
それはボディーソープに似た、ポンプ式の容器でした。
木下がそのポンプを押すと、中から透明のオイルが出てきました。
それを手の平に取り、姉に近付いていきます。

「奈津美ちゃ~ん・・・いい気持ちになろうね~」

「いやぁ!来ないで!!」

木下はオイルを姉の腹部に塗り広げ始めます。
一方高橋は僕の側に座り、耳元で小声で話し始めました。

「あのオイル・・・塗られた箇所は感度が異常に敏感になるんだぜ・・・3組の前川由里、知ってんだろ?こないだあいつに試したんだよ・・・」

前川由里とは、バレー部の部員で身長も女子にしては高く、手足が長くて校内でもかなり人気のある女の子です。

「最初は倉庫に連れ込んで無理矢理だったんだけどよ・・・最後には涙流してイキっぱなしよ・・・かなりよかったぜ・・・今度お前にもヤラセてやろっか?」

高橋の恐ろしい話をよそに、木下は姉の身体にオイルを塗り広げていました。

・・・ヌチュリ・・・ヌプヌプ・・・。

首筋、肩、腕、腹、脚、下着を着けていない肌を露出している部分は、ほとんどがオイルでぬめ光っていました。

「触らないで!・・・ちょ・・・やめて!」

姉はその恐ろしいオイルの正体も知らず、反抗していました。

「そのうちお前の姉貴の反応が変わってくるぜ・・・ここでよ~く見とくんだな・・・」

高橋はそう言い残すと、オイルを手に取り、木下と同じように姉の身体に塗り始めました。

「くっ!・・・やめてよ変態!」

「まあまあ、お姉さん・・・もう少しの辛抱だからね~・・・」

木下がべとべとの手で僕の机を物色しだしました。
そしてハサミを見つけると、それを持ってベッドに歩み寄ります。

「ひっ!・・・殺さないで!」

「殺す?・・・ハハハハ!そんな事しねえよ!」

「心配しないで奈津美ちゃん・・・俺らエッチなことしかしないから」

木下はそのハサミで姉のブラジャーの中央を切ろうとします。

「いや!やめて!・・・」

・・・プチン・・・。

姉の綺麗な乳房が露わになりました。

「お!結構胸あるじゃん!」

「乳輪ピンク~♪」

奴らはそれぞれ手にオイルを垂らし、姉の乳房を揉みくちゃにしていきます。

「きゃっ!?・・・いやぁ!!・・・もうやめて・・・」

「ヘヘヘ・・・やっぱ大人の女はいいねえ」

「久しぶりだからな・・・あん時の人妻以来じゃね?」

「あの女、有紀とかいったけ?今、兄貴達が管理してるマンションで客取らされてるってよ」

姉の言葉など耳に入らないといった風に、高橋と木下は愛撫を続けました。

「んくっ!!・・・はぁぁ・・・いゃ・・・んぁ・・・」

姉のあげる声に、明らかに変化が見られるようになったのは、乳房を触られてから5分ほど経った頃です。

「お?・・・いいねえ・・・その表情」

「やっぱ胸は早えな」

姉の表情は何かを我慢しているような、切ない顔をしていました。

「まさかオッパイ揉まれただけで濡れてんじゃないの?」

「な!・・・そんなわけ・・・」

「ヘヘヘ・・・見てみるか・・・」

高橋が姉の開かされた脚の間に胡座をかいて座りました。

「おいおい・・・なんだこの染みは?」

「う・・・嘘よ!」

「だったら見せてやるよ」

高橋は木下が使ったハサミを持つと、姉のパンツの両脇を切りました。

「いや!見ないで!!」

とうとう姉の陰部が曝されてしまいました。

「濡れてるぜ・・・奈津美」

高橋は切り取ったパンツを姉の目の前でブラブラと揺らし、その恥ずかしい染みを見せていました。
それは僕にも見えました。
パンツの内側には明らかに分泌液が付着していたのです。

「お姉さんこそ、レイプされて感じちゃう変態じゃん・・・」

「・・・」

「お?シカト?ま、いいけどね~」

木下が姉の股間に息を吹きかけます。

・・・フゥ~~~・・・。

「や!・・・ぁぁ・・・」

「あらあら、まだ何にもしてないよ?」

「これからじゃん、お姉さん♪」

高橋がオイルの容器を木下に渡しました。
それを見て、姉は慌て始めます。

「待って!!・・・もうそれは嫌!!」

「なんで?俺ら親切でやってやってんだよ?いきなりチンポ突っ込んだら痛いっしょ?だからこうして・・・」

オイルを手に取り、高橋が姉の陰部に触れました。

「いやぁぁあ!!!」

何度もポンプを押し、大量のオイルを擦り込んでいきます。

グチュリ・・・グチュリ。

姉の股間はオイルまみれになり、怪しく濡れ光っていました。

「中にも塗ろうね~」

「え!?やだ!!やだあ!!」

姉が今まで以上に暴れ出したので、高橋が姉の腰をガッシリと押さえ込みました。
体格のいい男の力に、華奢な姉が暴れたところでなんの意味もないことを見せつけられた瞬間でした。

「ほ~ら・・・指が入っちゃうよ」

「駄目!!やめてえ!!!」

ヌプ・・・。

木下の指が姉の膣内に入る音がしました。

「ぁぁぁぁ・・・」

姉が涙を流していました。

「なんだよ、もうぐちゃぐちゃじゃん」

「クリにも塗っとけよ木下」

「ああ・・・分かってるよ」

木下が姉の陰核を嬲り始めました。

「んあ!!・・・そ・・・そこは!」

「なんだよ、まだ皮かぶってんじゃん」

「剥いちゃえ剥いちゃえ」

「んはあ!!!」

まだ女性と経験したことのない僕には、理解できない会話がなされていました。
それから、しばらく指で責められ続けた姉は、息を荒くして時折歯を食いしばるようになっていきます。

「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・んくっ!」

腰を押さえていた高橋も、頃合いを見て姉の上半身を愛撫し始めました。
姉は二人の手から逃れようと身体をくねらせますが、大の字に縛られていてはそれも僅かな抵抗にしかなりません。

「そろそろ気持ち良くなってきたっしょ?」

「ぁぁ・・・ハァハァ・・・ゃ・・・やめて・・・」

「少し中が震えてきたぜ・・・」

木下はニヤニヤしながら、姉の陰部を責め続けていました。
彼らの責め方は女体を知り尽くした者が、わざと焦らしながら徐々に追い詰めていく・・・。
そんな感じに見えました。

「ハァ・・・も・・・もう嫌ぁ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

「乳首立ってきたね~奈津美ちゃん」

「もうイキそうなんだろ?我慢しちゃって・・・カワイイねぇ」

強制的に与えられ続ける快楽を、姉はなんとか跳ね返そうと頑張っている様子でした。

「ハァァァァァ・・・も・・・怖い・・・怖いの・・・」

「あん?」

高橋と木下が顔を見合わせました。
そして、ニヤリと笑うと愛撫を一旦中止し、二人して姉の顔を覗き込みます。

「お姉さん、怖いって何が?」

「ひょっとして気持ち良すぎて怖いんじゃねえの?」

姉は何も答えません。

「ヒャハハハハ!こりゃいいや!」

「笑っちゃ悪いよ木下、こういう女結構いるんだからさ!」

「奈津美ちゃんの初イキは俺らってことか!」

「だったら大サービスしてやらないと・・・なんせ人生で一度っきりの初イキだからな!」

二人は着ている服を脱ぎ始めました。

姉がいよいよ犯される・・・。
しかも同級生に!

僕はなんとかぐるぐる巻きにされたガムテープを剥がそうと藻掻きましたが、びくともしませんでした。

奴らは下着も脱ぎ、全裸になりました。
その時、僕は信じられない光景を目にします。
高橋の股間には、見たこともないほど大きなペニスがそそり立っていたのです。

(で・・・でかい!)

それは太さも長さも僕の倍以上・・・。
言うなれば、外国AVの黒人サイズでした。
そして更に驚いたのは木下のペニスです。
木下は高橋よりも更に長く、太さも一回り上回っていたのです。

「・・・ひぃぃぃ!!・・・助けて!!」

「奈津美ちゃん・・・どう気に入った?」

「俺達のチンポでかいっしょ?」

彼らはその巨根を扱きながら、姉に近付いていきました。

「大丈夫・・・痛くしないから・・・」

「朝まで何回イケるかな?・・・」

姉は身体をバタつかせていましたが、手足を縛られていては逃げることなど不可能です。
高橋が姉のスラリとした脚の間に入り、いよいよ挿入しようとします。

「無理ぃ!・・・そんなの入らない!」

「心配ないよ奈津美ちゃん、もうマンコぐちょぐちょだから・・・」

巨大な肉棒が姉の陰部に狙いを定めました。
そして、高橋の腰が姉に向かって進み出したのです。

「いやぁぁあいやぁぁあ!入れないで!」

ゆっくりと高橋が体重をかけていきます。

しかしなかなか入りません。
姉の陰部が巨大な亀頭に圧迫されているだけで、入り口の狭さにつっかえていました。

「ホントに無理だってば!!」

「大丈夫・・・」

「裂けちゃう!」

「大丈夫だよ・・・」

高橋が姉に構わず、体重をかけ続けていた時、いきなりつっかえていた亀頭がズルンと膣の入り口に姿を消しました。

「ぎゃっ!!!」

姉は顎を突き出し、思わず叫んでいました。

「ほら・・・入った・・・」

「ぁぁ・・・酷い・・・抜いて!抜いてよ!」

「うるせえ・・・」

高橋がゆっくり腰を動かすと、姉は首を左右に振り、泣いていました。
何度か前後に小刻みに動かしては、少し奥へ肉棒を進める・・・。
高橋の慣れた挿入方法は、的確に膣内を広げているように見えました。

「もう・・・入らな・・・い」

「まだ半分だ・・・」

高橋はゆっくり突き上げるような動作で、膣の奥まで入れこんでいきます。

「ふぅ・・・奥まで入ったな・・・」

「・・・ハァ・・・ハァ・・・こ・・・こんな・・・」

「一番奥まで入れられたのは初めてだろ?だがな・・・俺達の凄さはこんなもんじゃねえ・・・」

高橋の腰が、姉の膣内をこねくり回すように円を描き始めました。

ヌチュウ・・・ヌチュウ・・・。

「んはぁ!・・・ハァ・・・うああ!!」

「子宮を押し上げてやる・・・」

姉は凄まじい圧迫感からか、挿入されている陰部を見つめていました。

「ほんとにやめて!ほんとにもう入らない!!」

「入るんだよ、それが・・・おりゃ!」

ゴプ!・・・。

高橋の巨根が全て姉の胎内に挿入された瞬間、姉は天井を見つめ口をパクパクさせて、息苦しそうに喘いでいました。

「・・・全部入ったぜ・・・」

「ハァ・・・ハァ・・・ぅ・・・嘘でしょ・・・」

高橋が時間をかけて挿入を済ませた時、木下が鞄から何か怪しげな錠剤を取り出し、高橋に渡しました。
それを一錠、なんの躊躇いもなく高橋は口に放り込みました。

「木下も飲んどけよ・・・朝まで持たねえぞ」

「おう」

木下も一錠飲み下すと、煙草を取り出してソファーに座りました。

「高橋、初イキはお前にやるから、中に出すなよ」

「ああ!サンキュー!」

姉はそんな恐ろしい会話など聞いている余裕もないように見えました。
息をするのも苦しいようで、目を閉じたまま肩を上下に動かしているだけでした。

タイトルとURLをコピーしました