【媚薬体験談】海外で買った媚薬を美人な部下に試したらすごいことに

早めのGWを取り、インドネシアのサマランという田舎町に行ってきた。
妻には出張の名目で、のんびりした1人旅だ。
まあ目的は女遊びなんだが。
以前、出張した際に遊んだことがあるから選んだわけだ。
2~30人いる女の中から選べるシステムも気に入っていた。
中国のKTMと似ているが、料金が桁外れに安い。
日本でデリヘルを120分頼むくらいの料金で、滞在期間中(5泊6日)は2人の女が、まるで妻のようにずっと一緒にいてくれる。
一般庶民の平均月収が1万5千円くらいの国だからなんだろうが、嬉しい限りである。
しかも、素人を紹介しているというのも見逃せない。
比較的小柄でスレンダーな女性が多いので、アソコの締まりもキツいから病みつきになっても仕方がない。
10~20代がほとんどである。

その中から22歳になったばかりの娘を呼んで話を聞いた。
この紹介屋に入ったのが昨日で、まだ誰にも連れ出されたことがなく、滞在期間中ずっと一緒にいることも可能だと言うので連れ出すことにした。
大名遊びをするつもりでいた私は、誰か一緒に連れて行くかと聞くと、同じ日に入った友達を希望してきた。
彼女とはタイプが違うが、了解して連れ帰ることにした。

紹介屋に紹介料を渡し、2人を連れてコテージに戻り、色々と話をする。
ヤリ捨てる女を自由に扱うには、「これから現地妻にする」というエサをぶら下げれば、素人女は何でも言うことを聞くのがこの紹介屋を選ぶ最大の特徴だ。
ご多分に漏れず、エサをぶら下げて、生中出しも了承させてやった。

また、現地で日本人はかなりモテる。
ある種ステータスにさえなっているので、女の方も気に入られようとして営みにも力が入るのだ。
それを逆手に、やりたいことをやって捨てればいい。
特に今回のような友達同士だとライバル意識も強くなるので、飽きることなく楽しめる。
精力剤が必需品になるので、薬局だけは調べておいたほうがいい。
今回もさんざん2人を弄んでやったのだが、3日目の夜のことだ。
薬局に出向くと臨時休業になっていた。
仕方なく、彼女達に効く精力剤がある店に連れて行くように促した。

連れて行かれたのは、薬局とは思えない一軒家だった。
いかにも怪しい店である。
中に入るとさらに怪しい雰囲気だった。
店員らしき姿は見当たらず、ガランとした店らしき所には何も陳列されていない。
店の奥にカウンターがあり、呼鈴らしき物が見えるだけだった。
女の1人が呼鈴を押すと、奥のドアが開いて怪しい女が出てきた。
何が欲しいのか聞いているようだが、現地語で話されているのでよく分からない。
連れの女が通訳代わりになってようやく分かる。

「よく効く精力剤と、性的効果がある媚薬があれば」と通訳させた。

また女が何か言っている。
連れの女が通訳してきた。

「沢山ある。一番効果があるのでいいかと言ってる」

もちろんだと頷くと、連れが顔を真っ赤にしながら女に言った。
女は奥に行き、精力剤と媚薬を持ってきた。
代金を払い、連れの女に、なぜ赤くなったのか聞いた。

「女性が我慢できなくなるお茶だよ。すぐ効果が出て、長い時間続くやつね。紅茶やウーロン茶に混ぜればいい。ホテルで使うか?」

「日本で使うからいい。そんなに乱れるの?」

「倦怠期の夫婦が使う。普通の店ではもう売ってない。少し混ぜるだけでいいから、これだけあれば、毎日使っても半年は持つよ」

「楽しみが増えた。ちゃんとしないとお前達に使うぞ」

「それは困る。常習するとやめられなくなるから気を付けて。使われないようにしてるでしょ。ホテルで楽しませてあげる。赤ちゃん作っていいから」

そんな会話をしながらコテージに戻り、弄んでやった。

いよいよ最終日、使い捨て携帯の番号を教えて、彼女達の連絡先を聞く。
紹介屋にはもう行かないと約束させ、現地妻になったと思い込ませて空港まで送らせた。
当座の生活費として料金の他に2万ずつ渡して、連絡を待っているように告げて別れた。

税関もすんなり通り、私は家に帰って着替えながら、妻で媚薬を試してみる気になっていた。
ヤリたいのではなく、効果を試してみたくなったからだ。
妻が夕飯の買い物に行ったのを見計らい、紅茶を入れる要領で媚薬を煮出してみる。
紅茶と同じように時間と共に濃くなっていった。
これ以上は濃くならなくなったと思われるところで火を止め、水道水で冷まし、ペットボトルに移して隠した。
冷蔵庫にあったウーロン茶の中に混ぜた分を差し引いても500ml、1本分は残っている。
妻で試して効果があれば、他にも色々と楽しめるだろうと思いながらニヤついていた。

買い物から妻が帰り、媚薬を混ぜたウーロン茶を飲んだ。
じっとリビングから観察するように様子を窺う。
夕飯の支度をしながら、妻の様子が明らかにおかしくなってきた。
上気した顔で、たまに私を見て手が止まる。
その様を楽しみながら、水を飲むフリをして冷蔵庫に近づいて尻を撫でてやった。
ビクビクっとしながら膝をついた妻に驚いたが、これで効果の程は確認出来た。
ちょうど子供が遊びから帰ってきたので行為には至らなかったが、これからが楽しみになっていた。

夕飯を済ませ、リビングで寛ぎながらテレビを見る傍ら、妻の様子を観察し続けてやった。
媚薬を口にしてからすでに4時間が経過しているが、妻は上気したままだ。
見たいテレビが終わると、媚薬を口にしてから7時間が経過していた。
妻の様子を窺うと上気も収まり、普段と変わらぬようになっていた。
効果は6時間ほどかと思いながら風呂に入って床に就いた。

翌朝、ペットボトルを入れた鞄を持ち、出勤する。
交代でGW休暇を取っている会社は閑散としていた。
営業部で出社している男は私だけ、事務が2人、同じ営業の女性が2人だけだった。
開店休業みたいな状態だ。
雑談ばかりで過ごし、ランチの時間になった。
私と営業の女性1人が外食、他は弁当だったので2人でランチに出た。
私が奢ることになり、近くのイタリアンに入った。

実はこの女、私の部下の中では一番美しく、身持ちの堅い女で有名だった。
仕事に燃えているというか、とにかく仕事一筋だった。
もうすぐ25歳に近いというのに彼氏もいない。
社内でも狙っている男は沢山いる。
そんな女に媚薬を使ってみたくなった。

コースランチを頼み、ドリンクを先に出してもらう。
紅茶を頼んだ彼女が席を立つのを待った。
前菜が来る前にトイレに行った隙を見計らい、媚薬を紅茶に混ぜてやった。
何も知らずに戻った彼女が席に着くのと同時に前菜が出てきた。
食事をしながら結婚の話や恋人の話を振りまくる。
それほど理想は高くないのだが、知り合っても付き合うまでに気分が盛り上がらなくなってしまったらしい。
もう2年も彼氏すらいない日々を過ごしていることも分かった。
実際、彼女にも焦りが出てきてる様子も分かった。
私が担当している会社に適齢期の男性が多くいることを告げ、「なんなら担当してみるか?」と持ちかけてやる。
乗り気の彼女に、午後から同行して挨拶に行こうと告げた。
先方が休みなのを知っていたが、彼女をものにしてやるつもりで言ったのだ。

食事も終わり、一緒に店を出て、会社に戻り次第出掛ける段取りにした。
会社に戻る道すがら、彼女の様子が徐々に変化していった。
顔は上気したようになり、目はトロンとしてきている。
急いで会社に戻り、支度をさせて車に来るように言って駐車場に向かった。
5分ほどすると彼女が来て助手席に乗り込んだ。
車を走らせ、高速に乗って目的地を目指す。

「どちらまで行かれるんですか?」

「ちょっと遠いいけど東大宮だよ。顔が赤いけど大丈夫なの?適齢期の男性に会えるから興奮してる?」

「部長。セクハラですよ。理由は分からないですけど、ちょっと火照ってるみたいなんですよ」

「それはきっと昌代ちゃんの女の部分が出てきてるからじゃない?」

「女の部分ですか?」

「そう、彼氏か結婚相手が見つかるかもしれないって、本能的に身体が反応しちゃったんだよ」

「そうなのかな?けどそれじゃ、まるで飢えた女みたいじゃないですか。間違いなくセクハラですよ」

「本能の話をしてるだけじゃん。昌代ちゃんも女性だったってことだよ」

「だったら女性らしい扱いをして下さいね、部長」

「心配してるから、こうして同行してるんじゃん。私が独身だったら猛アタックしてたんじゃないかな」

「まぁ、お世辞でも嬉しいです。有難うございます。私も、部長からだったらすぐにお付き合いしてたかも・・・」

「それこそお世辞でも嬉しいね。社内でも人気あるんだよ、昌代ちゃんは」

「そうなんですか?でも社内恋愛は相手が分かりすぎますからね・・・」

「確かにね。でも昌代ちゃんに彼氏がいないってのは勿体なさすぎるよ。だから身体が先に反応しちゃって火照ってるんだな、きっと」

「でも、どんな相手か分からないのにそんな風にならないと思いますよ」

「じゃあ私と一緒に出掛けるから身体が火照ってしまったとか?」

「奥さんのいる部長にそんな気はありません」

「じゃあ、なんでどんどん顔が赤くなっていくの?本能的に抱かれたくて疼いてるからなんじゃないの?」

「それは・・・。もうセクハラはやめましょうよ・・・」

「理由が聞きたいだけだよ?昌代ちゃんの本能が私に抱かれたいと感じてるのか、他のことが要因なのか。正直どうなの?」

「分かりません・・・ただ部長と同行が決まってから身体の芯が熱くなったような気はしますけど・・・」

「ほら・・・やっぱりそうじゃないか。昌代ちゃんの本能が私を求めてるからだよ。昌代ちゃんの潜在意識が私を求めてるから、一緒いるだけで身体が火照ってるんだよ」

「そうなのかな・・・」

媚薬のせいだとは思っていない昌代をどんどん誘導していってやる。

「そんなに赤い顔じゃあ連れて行けないよ。引き返すしかないか。それとも、少し休んでから行く?」

「休んでからというのは?」

「昌代ちゃんの本能の赴くままに、体の火照りを解消してから行きますかってこと。この先にラブホもあるしね。2人だけの秘密にしとけば誰にも分からないし・・・決めるのは昌代ちゃんだよ」

「そんな・・・どうしてなのか分からないし・・・」

「だったら試してみればいいだけのこと。自分の気持ちに気付くのも糧になるよ。抱かれて火照りがなくなれば一時の気の迷い、さらに火照ってしまったら・・・昌代ちゃんが私を愛してる証拠。気の迷いならすぐ火照りが引くから、その後で営業を引き継ぐ。後者なら一緒に考えよう。じゃあ決めたからね。この先のラブホに入るよ」

「えっ?そんな・・・」

岩槻インターを出てすぐのラブホに車を停めた。
鞄を持ち、車を降りて昌代を誘いながら部屋を選ぶ。
昌代の肩を抱くようにしながら部屋に入り、椅子に座らせてから浴室に行き、お湯を張った。
緊張する昌代に飲み物を聞いて出してやる。
ペットボトルを開け、昌代に手渡しながら聞いた。

「どう?決心はついた?」

「えっと・・・まだ・・・」

「そう、ウーロン茶でも飲んで気分を落ち着けなよ。それからトイレにでも行って本能を確認してみたら?」

「確認って?」

「濡れてたら昌代ちゃんの本能は私に抱かれたいってこと。濡れてなければ体調の変化。濡れてたら抱かれてみて、一時の気の迷いかどうか試すってことにしようよ」

「でもそれじゃあ・・・」

「だから、ウーロン茶でも飲んで気分を落ち着けてからって言ってるでしょ。濡れてなければ、このまま休んで何もしないでいればいいだけ。でも濡れてたら昌代ちゃんの本能に従うんだよ。自己申告だからね」

「はい・・・」

「私は風呂に入ってるから、濡れてたら昌代ちゃんも入ってくるってことにしようか?」

「はい、分かりました・・・」

ソファに昌代を残して洗面所で脱衣し、風呂に入って待った。
しばらくすると、向かいのトイレに入る昌代の姿が磨りガラス越しに見えた。
なかなか出てこなかったが、トイレのドアが開いて、磨りガラス越しに見えた昌代の姿が違っていた。
浴室のドアが開き、昌代が入ってきて言った・・・。

「濡れてました・・・信じられないほど・・・」

「昌代ちゃんの本能が我慢しきれなくなったからだよ。あまり抑え込むのは良くないよ。私の勘だけど、一時の気の迷いではないと思う。私を求めて止まなくなる気がする」

「なんでそう思うんですか?」

「昌代ちゃんの顔を見れば分かるよ。これから抱かれることに対して輝く瞳と醸し出す雰囲気がね・・・。だから試す前に言っておくよ。セフレとしてなら付き合うこともやぶさかじゃないけど、家庭を壊す気はならないからね」

「はい・・・分かってます。部長とは結婚出来ませんもの・・・」

湯船から立ち上がり、昌代を引寄せて唇を重ねた。
待ち侘びていたかのように舌を絡めてくる昌代。
股間に手をやると愛液でびしょびしょに濡れている。
湿った毛を掻き分け、クリトリスを弄り当てた。
大きく肥大し、触られるのを待っていたかのようになっている。
片足を浴槽の縁に上げさせ、割れ目に指を挿し込むと、可愛い喘ぎ声が漏れてきた。
首筋から脇・・・脇から胸・・・徐々に下へ下へと愛撫していった。
次第に滴る蜜の量が増え、全身の水分が抜けてしまうのではないかと思うほどになっていた。

「部長・・・我慢できないです・・・挿れて・・・お願い・・・します・・・」

腰砕けになっている昌代を浴槽の縁に座らせ、腰を突き出させるようにして割れ目に肉棒を宛がった。
グチュ・・・っという音と共に全てを呑み込んだ昌代が絶叫に近い喘ぎ声をあげ、悶え始めた。
普段大人しい昌代が快楽にのたうち回り喘ぐ姿はとても心地いいものだ。
この姿を自慢してみんなに見せてやりたいと思う。

昌代をセフレとして手放したくないと思った私は、この媚薬の常習性を思い出した。
とことん離れられなくしてやろうと心に決め、昌代を責め立てまくってやった。
薬の効果は凄く、何度も何度もイッては責め立てられる昌代。
全身が性感帯になってしまったかのように、どこを責められてもイキ果てる。
グッタリとした昌代から肉棒を引き抜いて、優しく介抱しながらシャワーを当てて汗を流してやった。
身体を拭いてやり、一緒にソファーに戻って座った。

「満足した?何回もイッてだけど」

「はい・・・。でも部長はイキませんでしたね・・・」

「我慢したからね・・・昌代ちゃんを満足させてやらなきゃって思ってたし。本当に満足したの?」

「満足感はあるんですけど・・・ちょっと・・・」

「どうしたの?もっとしたいとか?」

「部長のをしゃぶりたいかも・・・」

「少し休んでからベッドに行く?」

「うん・・・その前にトイレ・・・」

そう言ってトイレに入った昌代を確認し、媚薬をウーロン茶に混入してやった。
煙草に火をつけ、昌代の戻りを待った。
昌代は戻ってきて隣に座り、ウーロン茶を口にしている。

「昌代ちゃん、身体の火照りが冷めてないんじゃない?」

「冷めてない・・・部長のことを潜在意識で愛してるからなのかな?」

「それもあるだろうけど、身体が離れたくないって感じてるからだよ。運命的なことなのかもしれない」

「部長は私とこうなってどうなの?」

「身体の相性は抜群。もしも独身だったら一緒になりたいと思うだろうね。恋人以上、女房未満って位置付けなら関係を続けたいと思ってる」

「恋人以上、奥さん未満ってどういうこと?」

「家庭を壊す気はないから奥さんにはできないけど、誰にも渡したくない・・・って感じかな。昌代ちゃんとの間に子供も欲しいって思うほどにね・・・」

そう言うと、より一層トロンとした表情になり、昌代が言ってきた・・・。

「部長・・・大好き・・・部長の赤ちゃん・・・産みたい・・・」

「どうしたの?急に?」

媚薬でタガが外れた昌代は、その場の感情で物事を口走るようになっていた。

「部長の赤ちゃんが欲しいって思ったの・・・一緒に暮らせなくてもいいから・・・部長の赤ちゃん産ませて・・・迷惑はかけないし、1人で育てるから・・・」

「そんなこと言われても困るから・・・昌代ちゃんの人生がおかしくなってしまうよ」

「本能の赴くままにって言ったのは部長だよ・・・私は部長の赤ちゃんが欲しいって思ったから言ったの・・・見て・・・部長の赤ちゃんが欲しいって思っただけでこんなになっちゃってるんだよ・・・」

割れ目から愛液が溢れ、さっきよりも濡れている。
私の手を取り、ベッドに移動して横にさせてきた。
決して上手くはないが、懸命に肉棒を口に含んでいる。
その姿に熱く勃起した肉棒を愛しむように舌を絡めて舐めあげる。
やがて自ら跨がり、肉棒を割れ目に誘ってきた・・・。
貪るように奥へ奥へと誘っている・・・。
子宮口に先端を擦り付けるようにしながら喘ぎまくっている。
何度も何度もイッているのに腰を動かし、貪るようにしながら私の射精を導こうとしているのが分かる。
そんな昌代に言ってやる。

「後悔はしないんだね?私の女になるって誓えるなら望みを叶えてあげてもいいよ」

「後悔はしません・・・。でも部長の女って?」

「私だけを愛して妻のように尽くす女。他の男とはもう出来なくなるってことだよ」

「部長だけでいい・・・部長だけ愛して生きていきます・・・」

「ホントだね?裏切らないって誓える?」

「誓います・・・だから・・・お願いします・・・」

無言のまま体勢を入れ替え、正常位にして結合部がよく見えるようにしてやる。
凄まじい喘ぎ声を発しながら悶えまくる昌代を容赦なく突きまくる。
やがて子宮口が開き、肉棒の先端が子宮内部に進入する感触が伝わってくる。
昌代の悶え方が一層激しくなり、身体が小刻みに痙攣し続ける。
言葉にならない喘ぎ声を発し始め、白眼を剥くようになってきた頃、一際大きな絶叫と共に大きく痙攣した。
そのタイミングで昌代の子宮奥へ届くように射精して果てた。

ぐったりとしながら昌代に覆い被さり、動かないでいた。
昌代もぐったりとして動けなくなっていた。
そんな昌代から唇を求めてきた。
舌を絡め、本当の夫婦のような濃厚なキスに満足感が滲み出ていた。
ただ、薬の効果はまだ続いている。
追加で飲んだ分まで考えると・・・。

一緒にシャワーを浴び、ホテルを後にするとドライブ気分で下道を走り、会社を目指した。
帰りの車の中は恋人のようなイチャつきながらだった。
就業時間も終わりに近い頃、会社に着いた。
何事もなかったかのように振る舞いながら営業部に入った。
席に着くのと同時に就業時間が終わり、私と昌代だけが残務処理をしていた。
30分もしないで終わり、昌代を見ると、私を見て手を振ってきた。
手招きをして昌代を呼んで言ってやった。

「昌代を見てたらしたくなった・・・。ここで服を着たまま犯したいんだけど」

「私もしたくて待ってた・・・部長の熱いの注ぎ込んで・・・」

退社したフリをして、部屋の電気を消して鍵を掛けた。
昌代のスカートを捲ると、パンストを直に履いていた。
パンティーがびしょびしょに濡れていたからだろう。
その淫靡な姿に欲情した私は尻を突き出させ、割れ目の部分だけを破り、後ろから肉棒を一気に挿し込んだ。
声を押し殺しながら喘ぐ昌代の妖艶な姿がたまらなく愛しかった。
身体を捩り、キスを求めてくる昌代に応えるように唇を重ねてやった。
会社という場所がさらに興奮度を高め、何度もイキ狂う昌代の子宮の中に再び射精した。
萎えるのを待ち、昌代の中から肉棒を抜くと・・・。

「舐めさせて」

昌代が呟きながら口に含んできた。
丁寧に舐め取り、自らの机に行くとパンストを履き替えながら生理用品を股間に宛がっている。
一緒に会社を出て、肩を寄せ合い近くの公園で火照りを覚まそうとするが、昌代の火照りをより一層増すことになってしまった。
煙草を吸おうと鞄を開けた時に、媚薬茶が落ちてしまったのだ。
そのお茶を昌代が・・・こともあろうに飲んでしまった。
どれだけの効果があるのか分からないが、すでに飲み干してしまっていた。
慌てるように駅に向かい、逃げるように別れて帰宅した。

翌朝、会社に出勤してみると、すでに昌代が出勤しており、私のもとに来て言った。

「部長・・・予定がなければ同行お願いします・・・。新規なのですが少し遠いので、すぐに出たいんですけど・・・」

あくまでも業務のような報告に周りも疑わない。

「特に予定はないから構わないよ。どこまで行くの?帰りの時間が知りたいから」

「名古屋なので戻りは未定になります。車で行けば帰っては来れると思いますが・・・」

「名古屋?随分急だね?君らしくもないけど、まぁ出張にして戻りは明日の朝にするとしようか」

事務にビジネスホテルを当たらせるが、GWということも災いしてツインしか取れない。
仕方なく別々のホテルを予約してもらい、名古屋に向かうべく新幹線に乗った。
新幹線に乗ると昌代の態度が一変し、昨日のような態度になった。

「部長・・・大好き・・・我慢出来ないよ・・・」

「仕事が終わったらな・・・」

「いじわる・・・その代わりいっぱいしてね・・・」

悪い気はしないが、薬がまだ効いているのかと少し怖くなった。
新規先を訪問し、商談は思いのほか上手く運んで、昼にはまとまってしまった。
チェックインまでには時間があったので、昼食を済ませて時間を潰していた。

「部長・・・一緒に泊まろ・・・ダブルブッキングだったことにしてツインの部屋に2人で・・・」

「だったら全部駄目だったことにして、◯◯温泉にでも泊まることにするか?」

「うん・・・」

予約してあったホテルをキャンセルして、◯◯温泉で空いている旅館を探した。
少々高めの部屋が取れたのでタクシーで向かう。
宿に着いて部屋に入ると、露天風呂付きの客室に昌代は喜んだ。
夕飯の時間を決め、それまで寛ぐことにした。
すぐに仕事から解放された昌代が求めてきた・・・。
先に露天風呂に入るように言ってやると素直に向かう。
媚薬の葉を出し、急須に入れてお湯を注いだ。
しばらく置いて、昌代の飲みかけのお茶に継ぎ足してやる。

そして私も昌代の後を追うように露天風呂に向かった。
いちゃつきながら露天風呂を楽しむ。
いつしか昌代が肉棒を口に含んでいた。
余程我慢していたのか、愛液が止め処なく溢れている。
ヌルヌルとした感触を楽しんでいると・・・。

「挿れて・・・お願い・・・」

お尻を突き出しながらねだってきた。
縁に手をつかせて後ろから突き挿してやると、歓喜の声をあげながら腰を激しく動かしてくる。
快楽が全てと言わんばかりに悶え貪るように興奮を覚え、もっと狂わせてやりたくなる。
もっと淫らに、もっと従順に、虜にしてやりたくなってくる。
最後は何度もイク様を見ながら昌代の中に射精してやった。
嬉しそうに私を見ながら口付けをしてくる昌代。

浴衣だけを羽織って部屋に戻った。
座った昌代の膝を枕に横になる。
昌代が飲みかけのお茶を飲んだ。
さらにお湯を急須に注いで熱いお茶を飲んでいる。
媚薬で完全に快楽の虜になっている昌代に、さらに追い討ちの媚薬が足されたのだ。

しばらくすると、明らかに欲情した昌代の顔があった。
そっと私の頭を膝から下ろして肉棒にむしゃぶりついてきた。
元気に勃起するのを見届けると、自ら跨がり割れ目に肉棒を呑み込ませて腰を動かし始めた。
もう夕飯の時間になるというのに腰の動きがやむ気配はなかった。
仲居さんが夕飯の用意のために部屋に入ってきて驚いた。
浴衣で結合部は見えないが、昌代の腰が動いているのが分かるし、喘ぎ声も止まない。
気にせず支度をしてもらいながら、仲居さんに見せつけるように下から突き上げてやる。
連続アクメを繰り返しながら快楽を貪る昌代・・・。
支度を済ませて出ていく仲居さんに見せつけるようにイキ果てて私に覆い被さり、昌代はぐったりとした・・・。

何とか座椅子に座らせ、食事を済ませてからが大変だった。
片付けに来た仲居さんが布団の用意もしてくれた。
昌代が布団に横たわり、手招きで私を見ている。
仲居さんが出ていくと着ていた浴衣を脱ぎ捨て、私を誘う。
私も浴衣を脱ぎ、布団に横たわり、昌代を抱き締めながら唇を重ねた。
スイッチが入った昌代は貪欲なまでに私を求めてきた。
そんな昌代に言ってやる。

「昌代は誰のもの?」

「私は部長のもの・・・」

「身も心も俺だけのもの?」

「うん・・・部長だけのもの・・・」

「じゃあこれから営業に出るときはいつも一緒に出るようにしようか?」

「うん・・・抱いてくれる?」

「昌代がもっと淫乱になってもいいならね」

「部長が望むならなるよ・・・」

「可愛い奴だ・・・」

「部長の女だもん・・・早く部長の赤ちゃんが欲しいな・・・」

「すぐ出来るさ・・・こうしてればね・・・」

「うん・・・部長・・・大好き・・・」

結局、この日は朝まで求め合うことになり、昌代の中に4回も射精することになった・・・。

朝一番の新幹線に乗ると、お互いに死んだように眠っていた。
会社に行き、商談報告を作ってから昼寝を兼ねて外に出ようとした時、昌代と目が合った・・・。
私を見つめる視線が熱い。
業務のフリをして昌代を呼んで昼寝に行くか聞いてやると、頷いたので時間差で出るようにし、駐車場で待ち合わせた。
車に来た昌代が言った。

「部長・・・抱いて・・・」

「えっ?昨日から朝まで求め合ったのに?」

「部長を見ると我慢出来なくなる・・・部長と繋がってたくなるの・・・」

車を走らせ、渋谷のラブホにしけこんだ。
部屋に入ると昌代は積極的だった。
私のズボンを脱がし、肉棒にむしゃぶりつきながら勃起を促してくる。
他の女なら飽きてしまうのだろうが、昌代だと不思議と勃起する。
スカートを捲るとまた直接パンストだけを穿いていた。
違っていたのは・・・割れ目の部分が覆われていないことだ。

「このパンスト・・・」

「いつでも部長を受け入れられるようにね・・・」

小悪魔的に笑む・・・。
そんな昌代を押し倒して割れ目に肉棒を押し当てると、ヌルッと呑み込み、締め付けてきた・・・。

「ああ・・・部長と繋がってる・・・幸せ・・・ずっと繋がってたいのよ・・・」

そう言いながら昌代はすぐにイッてしまった・・・。
イク間隔が早くなり、すぐに連続アクメに達しながら痙攣を繰り返す。
イキ果てながらも貪欲なまでに肉棒を離さない・・・。
イクたびに締め付けが良くなり、癖になる気持ち良さだ。
これが何度でも抱ける要因なんだろう。
昌代が私に溺れたように、私もまた昌代の若い身体に溺れていた・・・。

その日からは媚薬の使用頻度を減らしていったが、昌代は毎日のように私を求めてくる。
私もまた昌代を求め続けている。
場所も時も選ばず、ただただ貪欲にお互いを求め合う。
最近、さらに美しくなった昌代。
彼氏が出来たんじゃないかと噂になっているのだが・・・それが私だとは誰も気付いていない。

タイトルとURLをコピーしました