【媚薬体験談】彼の友達に媚薬を飲まされてメチャクチャにされました

年末から会社の先輩の家に泊まっている18歳の会社員です。
忘年会の後に先輩に抱かれ、中出しされました。
私は先輩と付き合うことにして彼氏と別れました。

先輩の家で一緒に生活するようになって、最初はラブラブでした。
一緒にテレビを見たりゲームをして、先輩に求められたらエッチしてました。
コンドームは無かったので毎回中に出されました。
先輩の女になったと思い、頑張ってご飯を作ったりもしました。
一緒にお風呂に入ったり、エッチして一緒に寝たりして、とても幸せでした。

でも大晦日には先輩の態度が変わって、私が「エッチしよ」って誘っても、「じゃあ口で大きくして」と言って先輩はゲームをしていました。
私がフェラをして先輩のおちんちんが大きくなっても、そのまま口に出されて終わりで、エッチはしてくれませんでした。
夜、ゲームをしている先輩のおちんちんを舐めていたらバイブを渡されて、「これ入れてオナニーでもすれば?」と言われました。

元日、先輩に誘われて初詣に行きました。
帰りに先輩の友達と合流して先輩の家で新年会をしました。
私もお酒を飲んで少しウトウトしてしまいました。
気がついた時はエッチをしていました。
アソコにおちんちんが入っていて、おっぱいを舐められていました。
私は先輩とエッチしていると思っていました。
でもはっきり意識が戻ってみると、先輩はソファでゲームをしていました。

「あ、目が覚めたみたいだよ」

先輩の友達が言いました。

「あ、そうか。なんか欲求不満みたいだし。中出しすると喜ぶよ」

まるで先輩は他人事のように言いました。

「じゃあ、ゆうなちゃん、一緒に気持ちいいことしようね」

先輩の友達は私を抱き締めるとキスしてきました。

「イヤ、やめて!」

抵抗も虚しく、先輩の友達のおちんちんはすでに私の中に入っていました。
クチャクチャとエッチな音で出入りしていました。
先輩の友達が私を抱き起こすようにして、おちんちんが出入りするアソコを見せながら言いました。

「ほら、ゆうなちゃんのオマンコにオレのチンポが入っているよ」

「恥ずかしいからやめて」

ゴツゴツのおちんちんが私の中に出入りしていました。

「え?コンドームしてないよ?」

コンドームをしてないことに気づいて慌てて言っても、先輩の友達は笑いながら、「気持ちいいでしょ?」と言いました。
声を我慢していたけど、いっぱいズボズボされると気持ちよくなってしまいました。
先輩が近くにいるのに先輩の友達に中出しされました。

呆然としていたら、汚れたおちんちんを口に入れられました。
精子の味がするおちんちんを舐めさせられ、先輩の友達は、「気持ちよかった。もう1回しようか?」と言いました。
それを聞いた先輩は、「どっかホテルでも行ってやってくれ」と言いました。

「本当にもらっていいの?」

先輩の友達が言いました。
私は先輩に捨てられたみたいです。

「元彼のおっさんにだいぶやられてたみたいだよ?オレはもう飽きた」

先輩が言いました。

「相変わらずだな」

先輩の友達が言いました。
ショックで涙が出てきました。

シャワーも浴びず服を着ると、荷物を持って先輩の友達とタクシーで駅まで行き、近くのラブホに入りました。
ベッドに押し倒されて服を脱がされました。
もう抵抗する気もありませんでした。

「落ち着くから」

薬を渡されたので飲みました。
先輩の友達が体を触ってきましたが、私は黙ってされるがまま我慢していました。

「おっぱい大きいね?何カップ?」

揉まれたり舐められながら聞かれました。
私は「Eカップ」とだけ言って目を閉じて、早く終わってと思っていました。
アソコに手が伸びてきて、「もうびっしょりだね」と言われ、指が入ってきました。
我慢していましたが、だんだん体が熱くなって頭がぼーっとしてきて、体を触られるたびに敏感になっていくようでした。
髪の毛を撫でられただけでもゾクゾクしてきました。

「薬が効いてきたみたいだね」

初めて媚薬を飲まされたことに気が付きましたが、(もうどうにでもして)っていう気持ちだったので、「早くして」と言いました。
焦らされるようにしつこく体中を舐められると、私は自分からおちんちんを握って、「早く入れて」と言ってしまいました。

顔の前におちんちんが来て、私は自分から口を開けて咥えると夢中でしゃぶりました。
先輩の友達は私のアソコに指を入れてクチャクチャと掻き回しながら、「フェラ上手だね、このまま口に出しちゃおうかな」と言いました。
私は、「お願いします。入れてください」と言いました。

その日は先輩の友達と狂ったようにエッチしました。
頭の中は真っ白で、気がついた時はベッドに大の字に寝ていて、アソコが痺れるようにジンジンしていて、精液なのか愛液なのか、お尻の方まで垂れてきていました。
きっと何回も中出しされたんだと思います。

私が目が覚めたことに気付いた先輩の友達が私をバスルームに連れて行き、アソコに何か入れようとしました。

「えっ、何するの?」

「アソコの中を洗う薬」

液体の入った容器の先をアソコの奥まで入れて、勢いよく中の液体を出しました。
それを3本もされました。

「これで妊娠しないから大丈夫」と言われました。

「また会ってエッチしようね」と言われ、その日は別れました。

ふらふらになりながら電車で帰っていると、途中で知らない人からLINEが来ました。
私が男の人をフェラしている写真と、ベッドに大の字に寝てアソコから精子が垂れている写真でした。
すぐに先輩の友達だとわかりました。
ブロックしようと思ったのですが、『無視すると◯◯(先輩)にばら撒いてもらうよ』と言われました。
もう会いたくないと思っても、私のカラダは頭の中が真っ白になるほど気持ちいい感覚が忘れられません。

タイトルとURLをコピーしました