【媚薬体験談】引っ越してきた若夫婦とのパートナー交際

私は33歳(妻・32歳)の会社員です。

先日同じマンションに若い夫婦が引っ越してきました。
引っ越しの挨拶に来た時に、とても清々しい夫婦で若奥さんはとても清楚で感じのいい人でした。
そんな若奥さんに家内も共感を持ち、すぐに仲良くなり食事や買い物等で家族ぐるみの付き合いをするようになりました。

家内は若旦那に興味があるようで、話しているときはウキウキととても楽しそう。
見ている私が焼き餅を焼きかねないほどでした。

ある時、家内とSEXの最中に・・・。

「あの若旦那に抱かれてみたいか?」

そう聞いたところ・・・。

「エッ、何言ってんの」

満更でもない様子。

「夫婦交換したことを想像してみないか?」

私はそう言い、その夜は、いつになく妻と共に異常に興奮したSEXをしたものでした。

そんなある日、若夫婦を招いて我が家で、家内の誕生日パーティーをすることになり、楽しいひとときを過ごしていましたが、家内が飲み過ぎてしまい、飲みながら寝てしまいました。
私とご主人で妻を抱き支えて寝室へ連れていきました。
その日の朝の妻は、自分の誕生日パーティーに気をよくし、更に以前の若旦那との夫婦交換の話を思い出し、入念に化粧をしていた。
ご主人ともしかしたら触れあうこともあるかも、また、その乗りで終わってからSEXをしようとも話していたので、かなりセクシーな下着も着けさせていた。

そんな事をふと思い出し、いたずら心でご主人に・・・。

「家内の着替えを持ってくる間に服を脱がせて楽にしてやってくれないか」

そうお願いし、着替えを取りに行った後、こっそりと部屋を覗いていました。
若旦那は家内の服を丁寧に脱がした後、なんと家内にキスをしているじゃありませんか。
しかも片手は妻の内股を弄り・・・。

私はびっくりして一瞬立ち止り、しばらく間を置き、そのまま着替えを持って、何も見てなかったようなふりして部屋へ入りました。
若旦那も、ちょっと焦っていましたが、素知らぬふりをして居間へ向かいました。

私は興奮したと同時に、さらに良いことを思いつきました。
以前、家内とSEXのネタにと買った興奮剤を持って居間へ戻り、若奥さんのワインに混ぜ、そのまま雑談を続けていました。

しばらくすると若奥さんが、「私も酔ったみたい」と言いだし、隣の和室で寝てしまいました。

すかさず私は・・・。

「さっき見てましたよ、家内を気に入ってもらったようですが、一度抱いてみないか?」

そうご主人に聞いたところ、ギョッとしながら・・・。

「すみません、でも良いんですか?」

「もちろん交換条件はあるんですけどね」

そう言って、若奥さんに勧めた先ほどのワインに催淫剤が含まれていたこと、更に妻はご主人を気に入ってることを伝えました。

問題は、若奥さんが私を受け入れてくれるかが気になりましたが、意外にも若奥さんは、私にも興味を持っていてくれてるらしく、OKの返事。
それならと、お互いにそれぞれの夫婦でSEXの準備を進め、途中で入れ替わることで話がまとまりました。

そして、ご主人と事を円満に進める為にルールを決めました。

・お互いゴムを使用し中出しはしないこと。
・これを機に個別にこっそり会わないこと。
・決して乱暴にしないこと。

さて、ルールも決まり実行です。
交代の時間は30分後と決め、別々に行動を始めました。
私は寝ている家内を揺り起こし愛撫を始め、受け入れ態勢を整えた後、妻に「ご主人と変わるから楽しんで」と伝えた。
驚いた家内を置いて居間に向かいました。

その部屋からは既に若奥さんの切羽詰まったあえぎ声が聞こえてきていて、私も、そっと和室に入りました。
ご主人は、奥さんへの愛撫をやめ、私とバトンタッチし、いそいそと私達夫婦が常に寝室として使用しているベッドの部屋へ向かっていきました。

私は目の前の若奥さんへ添い寝して愛撫を始め、そっと顔をのぞくと興奮剤のおかげか既に何度か達していたらしく、意識朦朧という感じで私には全く気が付かない様子でした。
先ず、指マンで猛烈に若奥さんを攻めだすと、何とも声にならないあえぎ声で私にしがみついてきました。

程なくして若奥さんは「ご主人そろそろ来て、お願い」と、何故かはじめからご承知のようです。

私は興奮しきった“愚息”をグショグショの秘部に正常位から突き刺しました。
若奥さんの秘部は、ヌルヌルで、抵抗無くすんなりと私の物を咥え込み、それでいて若さ故にしっかりとまとわりつき、常日頃愛用している妻とのリズムは違い、すぐに絶頂感が押し寄せてきました。
そこで慌てず、気を取り直しました。

何度も何度も抜き挿しを繰り返し、その都度こらえきれずに漏れる若奥さんの、あえぎ声、清楚な若奥さんも、今では私の胸の下で腰を使うまでに乱れまくり、首を振りよがっているのを見たらもう限界です。
あっと言う間の爆発寸前、慌ててゴムを付け、再挿入とともに二人で果ててしまいました。
久しぶりに家内以外の女性と交わり、至福の時を送れました。
さて、家内の様子も気になりますが、折角なので次はじっくりと攻めようかと思いますが、若奥さんはぐったりとしてしまい、ほとんど気を失っているようでした。
興奮剤が効いたのか、シチュエーションが、そうさせたのでしょう。

清楚な若奥さんをもう一度攻めたくて、2回目をお願いしようと思いましたが、グロッキー状態の奥さんを前に思案していると、そこへ妻とのセックスが済んだご主人が「如何ですか?」と、襖戸の向こうから声を掛けてきました。
その声に奥さんは慌てて起き、身繕いをして「トイレを、お借りします」と、ご主人に恥ずかしさを隠すためか、逃げるよう部屋を出ました。

私は一人で居る部屋に、ご主人が入ってくるなり・・・。

「妻は?」

「奥様は、満足なされたようですよ」

“今まで奥さんと楽しんできたのだ”と、自信に満ちた言い方でした。

「妻は、どうでした?」

私はそう言うのが精一杯でしたが、気を取り直し、「奥様は素晴しかったですよ」と言葉を返しました。

若いご夫婦が、身支度をして丁重に挨拶をして帰られてから、妻と私は相手夫妻の仕草をどちらが先に話すかで揉めましたが、結局、私から話し始め、妻も満足したことで、その夜は大いに双方燃えました。
そして次回の交換も確認しました。

タイトルとURLをコピーしました