【媚薬体験談】媚薬の催淫効果でドエロになった友達の妹と

誰にも言えず、私の心の中だけに仕舞っておいたことなんですが、ここで暴露します。

あれは2年前の夏のことでした。
当時22歳だった私には3つ下の『後輩』というより、『友達』と呼ぶのが相応しい男がいました。
彼はどちらかと言うと道楽者で、当時の私も遊びの盛りだったので気が合い、よく行動を共にしていたのです。
いつの頃からだったでしょうか、良き友の歯車が狂いだしたのは・・・。

こともあろうか彼は、どこからそんな物を仕入れてきたのか、俗に言う『媚薬』を入手して私のところへ持ってきたんです。
そして私には「合法だから大丈夫」と大嘘をついて安心させておき、さらに「酒盛りは多いほうが面白い」などと言って、自分の妹(当時17歳)と、その友達(17歳、2人とも高校2年)を誘い出したのです。
当時の私にはそのような物に対しての知識が希薄であったため、すっかりその男の口車に乗ってしまい酒盛りが始まりました。

始まって30分ほどでもう全員がへべれけ状態。
いつの間にやら友人とその妹の友達が淫らに絡んでいるんです。
しかも目の前で堂々と。
そんな光景を生まれて初めて目にした私は、なんと言っていいのか言葉に詰まりました。
今思えば、奴(私も含め)は本当にろくでなしの極道だと思います。
まだ私が正気なら良かったのですが、もちろんその時の私もへべれけ状態で、隣を見れば男の妹が座っていました。
彼女のベロベロで、スカートの隙間からパンツが見え隠れしており、いつ犯されてもおかしくないような格好でした。
そこにはもう昔から知っている、あどけない少女の姿はどこにもなく、欲情に駆られた淫乱なメス犬のようでした。
彼の妹と目が合いました。
あの目は一生忘れません。
オスを挑発するような鋭い眼光、なのにどことなく寂しそうで、まるで私に『いつまで待たせるの?早く犯してよ』とでも言いたげなような。

(いいの?こんなことして本当にいいの?)

何度も何度も自分に問いかけました。
私の心の中にある善の心と悪の心が何度も何度もぶつかり合い、激しく葛藤しました。
しかし淫らに乱れてしまった彼の妹を目の当たりにし、哀れな念すら湧いてきました。
媚薬の催淫作用で酩酊している私の脳に残されたわずかな理性が、必死に私を抑制していました。

こんなことをすると彼女の兄である彼に、いや彼女の親に申し訳が立たない。
本来なら一番年上である私がこの場を抑えなければならない・・・。

しかし、そんな心の声はだんだんと遠退いてゆきました。

気がつくと合体してしまっていたんです。
私は欲に勝てなかった情けない自分に後悔しました。
兄の友達と関係を持ってしまったうら若き少女を哀れに思い泣きながら、しかし何度も腰を振り続けました。
快感に悶え、喘ぎ声をあげる少女の声が、なぜか不幸に悲しむ嘆きに聞こえました。
そして気がつくと、彼女のお腹にたくさん白い液体がかかっていました。
私はその液体が自分の物であるのかすらわかりませんでした。

事が済み、タバコをふかしている私に彼が近づいてきて言いました。

「俺の妹はどうだった?気持ち良かったか?w」

(なんて兄だ!それでも兄か!こんなときによくそんなことが言えるもんだ!普通なら嫁に行くまでは兄のお前が妹をしっかり守ってやらなければいけないだろ!)

怒りに駆り立てられ、腑抜けたツラに一発お見舞いしてやろうかと思ったその時、気がついたんです。

(こいつは腐っている、性根も何もかもが腐りきっている)と。

こんな奴には何を言っても仕方がない、喧嘩なんてするだけ無駄だと思い、半ば強引に全員を車に乗せて、それぞれに家に送り届けました。

タイトルとURLをコピーしました