【媚薬体験談】剥げた大家に媚薬を盛られて28歳の妻を寝取られた

山陰の田舎から東京本社へ転勤になって、九州の田舎育ちの私達夫婦は、初めて都会で生活することになりました。
会社には社宅もあったのですが、妻が窮屈だというので自分たちで賃貸のマンションを借りることにしました。
交通の便も良く、造りも良いマンションでしたので、半分は会社が出してくれるのですが、それでも月々10万以上の出費が必要で、家計には痛い出費でした。

私達夫婦は結婚5年目ですが、子供はいません。
私は30歳、妻は28歳です。
妻とは学生時代からの付き合いです。
細身なのに胸は大きく、小さめの顔に大きな目をしていて、美形だと思います。
処女でゲットできたのは、たぶん田舎育ちだったためでしょう。
でも子供ができず、それが2人の悩みの種でした。

引越しが済むと、すぐに管理人さん宅に挨拶に行きました。
マンションの近くの高い塀に囲まれた大きな家でした。
マンションの持ち主でもあるKさんは50代の頭の禿げた、背は高くはないものの、がっしりとした体型の人でした。

「東京で生活するのは初めてですか?」

「はい、初めてです」

Kさんの質問に私が答えると、「田舎育ちで何もわかりませんのよ」と妻も言います。

「そりゃ大変だ。良かったら上がって話しませんか。この近所の商店の書いた地図なども差し上げますから、どうぞ」

そう言ってKさんは応接間に私達を通してくれました。
高価そうな調度品や絵画のある立派な部屋です。

「今お茶を入れますから」

「どうぞお構いなく」と言う妻の言葉も聞かずに、Kさんは紅茶を入れてお盆に乗せて持ってきてくれました。

ティーカップもバラの絵柄のイギリスのアンティーク品のようでした。

「奥様はいらっしゃらないのですか?」

妻が聞くと、「5年前にガンでなくなりました。子供もいないので寂しい毎日ですよ」と、少し寂しそうなKさん。

「おふたりは、お子さんは?」とKさん。

「まだいませんの」

「そうですか。おふたりのご出身はどちらですか?」

笑顔に戻ってKさんが聞くので、「妻はN県のT島。私はO市です」と言うと、Kさんはとても驚いた表情で・・・。

「やっぱり。亡くなった妻もT島生まれですので、似ていると思いましたよ。そうだ。良かったら今夜、家で夕食をしませんか。近くに美味しい中華料理屋があって、そこの中国人の店主と懇意なもんで、何でも届けてくれるんです。お近づきのお印にどうですか。それとも何かご予定でも・・・」

私達夫婦は顔を見合わせましたが、寂しいKさんの身の上話と、奥さんが妻と同じ離島のT島出身であることを聞いてしまった後だったので、断れずに夕方7時に約束をしてしまいました。
部屋の片付けなどもありましたが、土日も入れて5日間の休みを頂いていたので、Kさんに色々と東京での暮らしを教えて頂くのも良いかと思ったのでした。

時間通りにKさん宅に行くと、12畳ほどの畳の部屋に案内されました。
テーブルの上には北京ダックをはじめ、伊勢海老の炒め物やフカヒレのスープなどご馳走が並べられ、中華料理屋の店主らしいコック服の中年男性が北京ダックなどを皿に取り分けているところでした。

「すごいご馳走だ、手ぶらで来ちゃったよ」

「なんだか心苦しいわ」

私と妻がそう言うと・・・。

「どうぞ、そう言わず。私は嬉しいんですよ。妻と同郷の人に出会うのは初めてなんです。さ、座ってください。まずはビールで乾杯しましょう」

乾杯のあと、中華料理屋の店主は中国訛りで、「他にもいるものがあったら電話してね」と言って帰っていきました。
美味しいご馳走を頂きながら、Kさんは色々なことを話してくれました。
大きな不動産会社を経営していたそうですが、奥さんが乳癌で亡くなってから仕事をする意欲がなくなってしまい、3年前に会社を大手企業に売却して、今はマンション収入と資産を使いながらの生活なのだそうです。
仕事一筋で無趣味だったことを今ほど悔やむことはないのだそうです。

「余計なことですが、早くお子さんをお持ちになるといい」とKさん。

私は寂しく苦笑しました。
一度は不妊外来で検査も受けたのでしたが・・・。

「私の話はつまらんことばかりですので、今度は奥さんにT島のことを聞きたいなあ」

照れ笑いしながらKさんがそう言うと、いつになく饒舌になった妻はT島のことを話しました。
海のきれいなこと、夏海岸で泳ぐと大きな魚が近くまで来ること、台風が凄いこと。
それを聞きながら上機嫌になるKさんなのでした。

「そうだ。中国から取り寄せた良い酒があるのでやりませんか。なんでも清朝皇帝が愛飲した古酒だとか」

酒を取りに行ったあと、私は妻に言いました。

「Kさんは君をずいぶん気に入ったみたいだね」

「いやだわ、亡くなった奥さんに似ているのかしら」

Kさんは2本の酒瓶とワイングラスを持って帰ってきました。

「こちらが中国の皇帝酒。ご主人どうぞ。こちらは果実酒。奥さんにはこちらが飲みやすいでしょう」

ワイングラスに注がれた琥珀色の酒を飲むと、なるほど、まろやかな良い味わいと、少し漢方薬を思わせる香りがしたのでした。
妻も美味しいと言って、その中国の果実酒を飲んでいました。

「奥さんは、少し言葉に訛りがありますね、T島の訛りが・・・。死んだ妻も同じ訛りでした。東京で20年以上住んでいても訛りが抜けないんですよね・・・」

それからどれだけ時間が経過したのかわかりませんが、私は眠ってしまったようでした。
正確には意識を失っていたと言うべきでしょう。

「ダメ、いや。やめてください。主人がいますよ・・・」

妻の声に、ただごとならぬ気配を感じて顔を声のする方に向けようとするのですが、全身が痺れていて動きません。
ようやくのこと顔を向けると、全裸にされた妻の上に禿げ頭のKさんが覆いかぶさっている光景が目に飛び込んできました。
KさんはEカップの豊満な妻の乳に吸いつきながら・・・。

「奥さん、私はあなたのような人をずっと待っていたんだ。私は妻がいなくなって、妻じゃないとダメな自分に気がついた。でもあなたは妻に瓜二つ。双子のように妻の若い時にそっくりなんだ」

そう言って、チュウチュウ音を立てて妻の乳を吸います。

「そ、そんな。ハァ~、だめ~」

妻も薬を飲まされて手足が痺れているのでしょう。
手に力が入らないようです。

「大人しく言うことを聞いてくれたら家賃はタダにしますよ。どうです。ご主人には薬を飲ませましたので朝までぐっすり眠っていますよ。それに、奥さんの飲み物には中国の媚薬を入れたから、そろそろ効いているはずだ」

その言葉通り、Kさんがキスをして舌を妻の口に入れると、妻は抵抗するのを止めてしまいました。
Kさんは妻の体をペロペロと舐めながら、乳房から腋へ、お腹から女陰へと味わい続けました。
陰部へ辿りつくと、蜜を吸い取ろうとでもするかのように、音を立てて愛液を吸います。
妻は必死で声が出そうになるのをこらえているようでしたが、時々、「アッ」とか「ウウッ」とか声を洩らします。
Kさんの頭が離れたときにようやく見えた妻の陰部からは沢山の愛液が溢れ出て、下に敷かれた座布団をぐっしょりと濡らしているのが分かりました。

「さあ、今度は私のをしゃぶってください」

そう言ってKさんはベルトを緩め、ズボンを脱ぎました。
パンツを下ろすと私のモノよりもずっと長くて太い陰茎が出てきました。
Kさんのは巨根です。
私のモノは標準よりやや小さめです。
妻との行為の時も、挿入後に腰を動かしながら、頼りない感じがすることが多々あります。

(本当に妻は感じているのだろうか?)と。

でも私の男性自身以外は男を知らないはずですから、妻には比較のしようがありません。

Kさんは座布団を枕にして妻の頭を上げると、自分の陰茎を妻の口に近づけました。
驚いたことに妻は口を開き、Kさんの陰茎をいやらしい音まで立ててしゃぶり始めたのです。
私は横に倒れたまま薬で痺れて身動きひとつできず、テーブルの下からその光景を見つめていたのです。
妻は脚をやや斜めにして下半身を私の方に向けていました。
妻の表情は良くは見えませんが、枕のおかげで口元はよく見えました。
ペニスが右の頬に当たって、大きく膨らんだりしていました。

次に69の姿勢になりました。
Kさんが妻の顔を跨ぎ、陰茎を咥えさせ、妻の両脚を開き、禿げた頭を私に向けて女陰を啜ります。
一度Kさんが私の方を見ましたが、慌てて私は両目を瞑りました。
なぜそうしたのか自分でも不思議ですが、気がつくと全身が痺れて、意識も泥酔したようにぼんやりしているのに、自分のうつ伏せになって、畳に当たっている股間が硬くなっているのを感じていたのです。

妻の女陰を啜り終えるとKさんは向きを変えて、妻の股間にペニスを宛てがいました。

「だめ~、ゴムを付けて~」

妻が最後の抵抗をしますが・・・。

「用意していませんよ。大丈夫。外に出しますからね」

そう言うと、ぐいっと腰を押し当てました。

「ハア~ン、おおきい」

思わず妻の口から洩れた言葉でした。
ゆっくりとKさんが腰を振り始めると・・・。

「アアッ・・・いい・・・ウウッ・・・ァあん。いい・・・当たってる・・・」

本気で感じているのです。

「当たっている」という言葉は、きっとKさんの亀頭が妻の子宮口辺りまで来ているということでしょう。
両脚をKさんが両手で抱えあげると、2人の結合部分が丸見えになりました。
白濁液が溢れて、タラタラと肛門の下へ流れていくのが見えました。
私のペニスでは届かない奥の性感帯を刺激されて、新しい女の喜びに震えているのです。
私は自分の股間あたりが温かく溶ける感覚がしました。
射精したに違いありません。
こういう興奮の仕方は初めてのことです。

次第にKさんの腰の動きが速まります。
50代とは思えない動きです。
妻もアクメを感じて大きな喘ぎ声を出し始めた時・・・。

「もう我慢できない」

そう言って腰を打ちつけたままブルブルとKさんは身体を震わせました。
やがて崩れるように妻に重なりました。
体重をかけないように両肘で身体を支え、妻にキスをします。
長いキスのあと、ようやくKさんが妻から離れて、深々と挿入されていたペニスを引き抜くと、妻の濡れて光る股間の膣口からはタラタラと精液が湧き出すように逆流してきました。
相当な量です。

「これからもよろしく頼みますよ。家賃はずっとタダにしますからね」

そう言うと抜いたあとのペニスをまた妻の口に持っていき、しゃぶらせるのでした。
妻は音を立てて尿道の中まで吸い取ったようでした。

「今夜は朝まで頑張れそうだ。あ、そうそう。ご主人が目を覚ますといけない・・・」

何かを取りに別の部屋に行き、戻ってくると動けない私に近づいて、鼻の中に何かの薬液を噴霧しました。
虹色の何かが見えて、私は意識を失くしたようでした。

翌朝、目を覚ますと、食事のテーブルは片付けられ、服を着たまま布団に寝かされていました。
横には妻も昨夜来た時の服を着たまま眠っています。
二日酔いの朝のような目覚めですが、気分は悪くはありません。
昨日のことは夢のようでした。

妻を揺すって起こすと、「やだ、いつ寝ちゃったんだろ?」などと言っています。

腕時計は10時半を指していました。
さては中国のお酒で幻覚でも見たのかと思いました。

「寝ちゃってしまったけど、昨日何かあった?」

「Kさんが、『ご主人が寝ちゃったので布団を敷きますね』って、泊めてくれたのよ」

妻のいつもと変わらぬ落ち着いた態度に不思議と安堵して、それ以上問いただしませんでした。
やがてKさんがやってきて、「トーストとコーヒーでもいかがですか?」と朝食を薦めてくれましたが、昨夜のご馳走が胃に残っている気がして朝食は辞退して、お礼を言って帰宅しました。
帰宅し、部屋の片付けなどをしてその日は過ごしました。
でもトイレに行ったときに気がついたのですが、パンツにかさかさに乾いたものが付着していました。
それは自分の精液に違いありませんでした。

それからひと月ほど経ったある日、妻のクローゼットに見たことのない高そうな服が掛かっているのを見つけました。
私が妻に渡している給料では、とても買えそうもないブランドの服です。
Kさんとの関係を疑った私は対策を考えました。
盗聴器、録音機、小型の録画装置です。
盗聴器はコンセント型のものなど数種類を買い込みました。
妻が入浴している間に携帯電話も調べましたが、やはりKさんからの着信履歴が数件ありました。
ハンドバッグには見たことのない大きめのカギがありましたので、散歩を装ってこっそり持ち出して合いカギを作りました。

作戦を考えていたある日、Kさんから私に電話がありました。
また食事会をしないかとの誘いです。

電話口で妻に聞くと「遠慮しようよ」と言うので、「構わないじゃないか」と私は言ってKさんには承諾の返事をしました。

約束の日、Kさん宅を2人で訪問しました。
先日の食事のお礼にと手提げ袋に高いワインを入れて私が持って行きました。
もちろん手提げ袋には、Kさん宅に仕掛けるべく、盗聴器や録画機も入れていました。
妻はクローゼットに隠し持っている服は着ていきませんでした。
Kさんの家に着くと、この前と同じ和室に通されました。
今回は和食で、握り寿司やら刺身が用意されていました。

「奥さんを見ていると、妻があの世から送ってくれたような気がするのですよ」

ビールで上機嫌になったKさんが言います。

「ご主人、許してくださいよ。老人のたわごとですから・・・私に息子がいれば、あなたぐらいの年のはずだ、愉快、愉快」

食事が進んだ頃、Kさんはまた中国の古酒を出してきました。
先日、私が辛うじて意識を取り戻したことを知らず、完全に騙されていると思っているようでした。
でも今度は騙されません。
酒を飲むふりをして赤だし味噌汁の椀に移し、「なんだか眠たくなったよ」と言って眠ったふりをしたのです。
もちろん妻にも気付かれぬように。
Kさんが私に近づく気配がしました。
きっと寝入ったか確かめているのでしょう。

「大丈夫だ。さ、奥さん風呂に入りましょう」

2人が出ていった後、私は盗聴器と録画装置を持って浴室を探しました。
浴室の曇ガラス越しに裸の2人の姿が見えます。

「私が洗ってあげるよ」とKさんの声がします。

寝室を探しました。
それは2階にある大きなダブルベッドの置かれた部屋でした。
似たような電源ソケットを見つけて盗聴器を設置しました。
またリモコンで画像を送信できる小型カメラを、ベッドの見える本棚の上に設置しました。
浴室の前に戻ると、2人の繋がった姿が曇ガラス越しに見えました。
バックからKさんが妻を突いている姿でした。
激しく喘ぐ妻の声。

「アアン・・・大きい・・・もっと突いて・・・」

私は2人をビデオに録画しました。

「寝室に行きましょう」

やがてKさんの声がしたので、和室に戻って寝たふりをしていると、足音が近づいてきました。

「大丈夫、ご主人は熟睡している」

Kさんの声です。
やがて2階に上がっていく2人の足音がしました。
私は盗聴、盗撮受信機を手提げバックから取り出すと、スイッチを入れ、イヤホンで音声を確かめました。

「奥さん、すばらしい体をしている」

「アアン、Kさんもよ」

画像スイッチを入れると小さな液晶画面に5秒毎に静止画が送られてきます。
裸の2人はベッドの上でキスをしているようでした。
記録ボタンを押して、メモリチップへの記録を開始しました。
やはり直接見たいという衝動が抑えられず、足を忍ばせ、片手には盗聴受信機を持って2階に上がっていきました。
部屋の中からは喘ぎ声がします。

「奥さんは綺麗なオマンコをしている、クリトリスが硬くなっている」

「ああ、いい」

2人の会話は小声で、そのままではよく聞こえませんが、ベッド脇の盗聴器からの音声をイヤホンで聞くとすべてが聞き取れました。
ドアを静かに開け、小さな電球が照らすだけの暗い部屋に目が慣れてくると、Kさんが妻の股間に顔を埋めているのがわかりました。
ピチャピチャと女陰を啜る音が聞こえます。
しばらくすると今度は妻が上になってKさんの陰茎をフェラチオしました。
ほとんど30歳も違う年齢の男の陰茎を美味しそうにしゃぶっているのは、自分の妻なのでした。
妻の父親は妻が学生の時に亡くなっているので、その面影でもKさんにあるのでしょうか。
そういえば妻の父親も禿げていました。
驚いたのは、妻が陰嚢も口に含んでいることです。
それは今まで一度も私にしてくれたことのない行為でした。

やがてKさんの上に乗って、妻は自ら手で持って、そそり立つペニスを体内に迎え入れました。

「アアー、奥に当たってる~。すごく当たってるの」

Kさんの亀頭が子宮口にしっかりと当たっているのでしょうか。
Kさんが腰を動かすにつれて喘ぎ声も大きくなっていきました。

「アアー、ああ~、いい、すごい」

次にKさんは妻を四つん這いにさせ、バックから挿入しました。

「ううん」

Kさんが唸ります。

「気持ちいい。奥まで締まってる」

バックはよほど気持ち良いらしく、何回か腰を動かしただけで、「ああっ、もう我慢出来ない」と言って、中出ししてイッてしまいました。
妻はベッドの上で膝立ちになり、膣口に指を入れると、指を抜いた後に続いて膣口からダラダラと精液がシーツの上に垂れ落ちてきました。

「いっぱい出たね」

妻が笑顔で言うと、Kさんはすぐさま妻にキスをして舌を絡め合ったのでした。

タイトルとURLをコピーしました