シンママになった従妹の色気にやられて

この間、親戚の葬式に集まった時、久々にオナニーのオカズにしていた子と会いました。

奈津美は従妹で、俺の5つ下の28歳。
18歳の時に妊娠して未婚のまま子供を出産したシンママです。
妊娠を知った時には、(俺のオカズが・・・俺も一度くらいエッチしたかった)と落ち込みましたが・・・。
シンママっていいですよね。
あの頃にはなかった色気がムンムンしてて、欲求不満ですって体をしてるんです。

葬式が終わる頃、酒に酔ったフリをして色々と下ネタぶち込んでみたんですが、「私、そういうの、もう興味ないです」って。
もうってことは、以前は大好きだったんだとテンションが上がりました。

奈津美の10歳になる息子にお小遣いをあげて、「お母さんのパンツにこれを塗ってきたらもう1枚あげる」と買収しました。
欲しいカードゲームがあるらしく、あっさり息子はOK。
母親を売るなんて酷い子だw。

これっいうのは、怪しい店で買った媚薬です。
風俗嬢に使うと、「クリちゃんが熱いのー」とか言って潮を吹いたりするんで、ちゃんと効果はあるんだと思います。

「パンツに塗り終わったー」

そう言って戻ってきた息子を見て驚きました。
媚薬の瓶が空になっていたからです。

(ちょ、高いんだぞ、小さい瓶だけど!しかも「パンツに濡れ」って言ったのに、奈津美のズボンに塗りやがって!)

「ちゃんとパンツに濡れよ」

「お小遣いは?」

「ズボンとパンツを間違えたし、全部使ったからなし!」

「なんだよー!嘘つき!」

奈津美は、「あの子にイタズラされたー」と着替えに行ってしまいました。
せっかくなので覗きに行くと、なんと奈津美はTバック!

(やっぱり襲って欲しいのかな?)

思いっきりドアを開けてやりました。

「・・・やっぱりね」

どうやらお小遣いをもらえなかった息子が奈津美に全部バラしたみたいです。
奈津美はかなり怒っていて、「ガキじゃないんだからバカなことはやめてくれる!」と怒鳴ってきました。

「でも本当に効果あるんだよ」

「あはは」

「(?)」

「媚薬なんて本気に信じてるわけ?」

「え?でも・・・」

「どうせ使った相手は風俗嬢とかでしょ?」

「なぜそれを?」

「バッカみたい」

何も言えずに落ち込む俺を見て、奈津美は笑いが止まらないようでした。

「いいこと教えてあげる」

「はい?」

「シングルマザーにはね、媚薬なんて必要ないの」

そう言うと奈津美はズボンの上からチンコをナデナデしてきました。

(Tバック姿で誘惑するなんて、なんて淫乱な女に育ったんだ!)

そのままズボンからチンコを出すと奈津美は、「久々ー、フェラするの」と嬉しそうにチンコを舐めはじめました。
初めて味わう奈津美の口。
オナニーのオカズにしていましたが、やっぱり本物が一番です。
奈津美のTバックに手を伸ばすとすでに濡れていました。
本当にシンママには媚薬は必要ないのかもって思うくらい濡れていました。

「もう入れたいよ」

「いくら?」

「へ?」

「あの子には1000円あげるって約束したんでしょ?」

「・・・」

「まさか同額なわけないよね?」

結局、諭吉さん2人とサヨナラしました。

奈津美のTバックを横にズラしてイン!
2万も払ったんだから中出しでも文句ないだろう!
この際、犯しまくって、『お金なんていらないからもっと抱いて!』と言わせてやる!
子供を産んだとは思えないエロい体が全て俺のものになるんだ!
締まりのいいマンコをいじめていくと、「いい!もっと頂戴!」と奈津美は俺にケツを押し付けてきました。

「あー、イク!」

「ごっくんは諭吉もう1人!」

「えー、萎えるよ・・・」

とか言いつつも結局ギリギリまで犯して、奈津美のTバックに射精しました。
奈津美からは、「結構よかったよ。またお願いね!」と言われましたが、今後も金を取られるのかと思うと、やっぱり媚薬に頼るしかないなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました